yokuiruhitoのブログ

拗らせたオタク

受け入れられなかった舞台

先日とある舞台の告知があった。

私からすると懐かしいシリーズだった。

しかし、それを見た私の感想は「マジで?」だ。悪い意味で。

あの当時のことを思い出そうとしても記憶がぼんやりしている。

 

その舞台は友達に誘われて見に行った演目で、何シリーズを何回みたかは覚えていない。

当時はいわゆる若手俳優とか元若手俳優で組んだユニットとかなんかそういう舞台をよく見に行っていた。

今みたいな全通とか回数をこなすのが主流じゃなかったから(私が知らなかっただけかも)、推しでも片手で足りる程度しか見なかった。

初日や千秋楽にも特別な興味はなくて、アフタートーク付きがあれば追加したくらい。

しかもそれも本編が端折られるとわかってから積極的には狙わなくなった。

舞台が好きだったから、気になったちらしとか役者とかでテキトーに行っていた。

その舞台は人を選ぶからとユジンが過去作品のDVDを貸してくれて、それを見て同行を決めた。

1回限りじゃなかったから面白かったと思う。

でも私は一番の見せ場の主演の歌が苦手だったことは覚えている。

最後は何か月前から予定を押さえる気にはならなかった。

だから代替え公演が行われたときはチケットを取っていなかった。

日にちが近くなってからでもチケットは手に入ったしそれでいいと考えたのだ。

チケットサイトから代替え公演の案内が来た時、興行先と揉めたのかと思った。

ブログの件は知らなかったが、前の作品で激しく非難したセリフがあったから、新作でも脚本に盛り込んでNGがでたのかと。

それで引き下がるようなタイプに見えなかったからケンカ別れのかなと勝手に想像した。

事実は別だったわけだが(それを何で知ったのかは思い出せない)

 

そんな舞台の復活。

はっきり言って嫌悪感が強かった。

Pの発表の仕方も私には印象が悪かった(案外ここが一番影響した気がする)

色んな意見がでてそれぞれの主張があるのは当たり前だと思う。

見たい人だっているし、ありえないと思う人もいる。

それでもこれは見なければいいで済ませらない私がいた。

だから作品名を入れて嫌だなと呟いた。

中止にして欲しいためではない。

鍵もつけずに全世界に向かって、誰に何を言われるかわからない状態でも、嫌だと言う人がいるということをしたかっただけだ。

 

作品に触れたことがあるからこそ、勝手な想像力が働いたことは確かだ。

リアルな下ネタ、少女の性も取り扱う、現実の私怨に聞こえるセリフ、パワハラに見える無茶ぶり…

笑ったし楽しんだはずなのにそんなことばかり思い出す。

そのどれもが事件を彷彿とさせる。

ほとんどが受け取り方の問題で、自分には合わなかっただけだ。

物語だから流せたものが現実と繋がると途端にダメになった。

作品に文句を言いたいわけではない。

お金を払う価値は十分にあって、エンタメとして楽しめて、次も見ようと思える作品であったことは確かで、それを否定する気は全くない。

それでもずっとモヤモヤする。

感情論だけどエンタメは感情で楽しんでいるから、それを蔑ろにはできない。

 

ひとまず制作会社の決定がでたから吐き出し。


 

 

 

頭がパーンとしたので

最近、自分の脳内で処理しきれないほど考えたり思ったりすることが増えたので、これはいっちょ書き出すしかない!それならブログだ!ということで始めました。

ブログといえば自分語りだから、とりあえず自分語りからスタート。
読んでる人なんていないのに語り語り口調なのは形式的なものと未来の自分へ。
自分で読み直すのは間違いない。

世代でいえばブログ世代だと思う。
最終的にブログは5つくらい使用していたアカウントがある。用途分けでもあるし、新しいサービスが出ると試したかったのもある。
どれも私生活との関わりはなくて、繋がりはネットだけ。
趣味のブログだからかなんだかんだネット友達もできた。
いっちょ前に承認欲求もあったから、面白いって思われたくて毎日更新頑張ってた気がする。
この前久しぶりに見たらまだ残ってた。
いい感じにいきってるし、頑張ってる感もあって笑ったけど、とても楽しそうで黒歴史ではなかった。
知り合いに見られたら即死だけど。

ブログは一方的でいい。
もちろん交流目的の場合もあるけど、私のイメージはキャッチボールじゃなくてマウンドからのピッチングだ。
ホームに誰がいるかわからない。
誰もいないかもしれない。
キャッチャーはいるか。打者が入ってくれないか。審判はなんて判定するか。
なーんて思いながらパソコンでキーボードをカタカタ鳴らしていたものだ。


今はもっぱらツイッターだ。
パソコンを開くことも減って、スマホでスイスイ文字を発信している。
つぶやきのつもりだったけど、会話ツールになっている。
ツイッターを始めた途端世界が急激に広がった。

ツイッターを始めたのは世間的には遅かったと思う。
最初は他人のつぶやきが見たいだけで、自分がつぶやくつもりはなかった。
でも利用したらひとりごとを言うには最適だった。
「ねむい」「つかれた」どーでもいい愚痴にもならないことをぽいぽい投げても流れていくから、自分のくだらなさを見直すことがない。
これがブログなら記事として残る。
題名までついた記事に中身が「ねむい」だけとかありえない。
そんなの人気者しか許されない。
それがツイッターなら何も思わない。
毎朝時報のように「ねむい」から始まり帰宅時間を報告するように「つかれた」とつぶやく。
本気で解析されたら通勤時間も就業カレンダーもバレるだろうし、職場や自宅のある場所を特定される可能性もある。
でもそんなこと一切気にならない。
ブログは性別や年齢、職業などの日常がバレるのがイヤだった。
わざとらしくフェイクを入れてたこともある。
自意識過剰だけど、今で言う炎上がとにかく怖かったし、身バレも避けたかった。
もちろん今でもその気持ちはある。めちゃくちゃある。
それなのにツイッターはそのことを忘れるくらい気楽だ。
気がついたら相互さんもいて、実際に遊ぶ仲になったり挨拶を投げ合ったりしてる。

そんな中で気になってしょうがないことがある。
自分がというよりまわりが。
みんな平気で個人情報バンバンだす。
いわゆる裏垢というやつなのに。
(というか隠すのが常識世代としては、隠しているのを裏というのにびっくりした)
自分の写真アイコンにプロフィールに固有名詞で経歴のせちゃうアカウントならともかく。
隠してまーすってしてるのに色々タダ漏れ。
特に遊びに行った先でリアルタイムであげちゃう写真。
オタク界隈だと簡単に目の前の人のアカウントを見つけることもできる。
もちろんそれはお互い様で現地でグッズ交換なんてしたら速攻バレる。
コラボカフェはもう名札付けてるようなもん。
検索ででてきた写真みて周り見渡せばいい。
繋がってる人がたまたまいて、ちょっと検索したら他のメンバー全員割れたし、まわりまわって隠してる別垢も見つけてしまった。
わかってやってるんならいいんだけど、わかってない人が多すぎる。
逆に巻き込まれたこともあるからさー(○○さんいるって見かけたから探した~って突然の乱入からの一緒にいるあなたは誰?)
グッズ関係はまた別の話なので、別垢作っとけって気持ち。


久しぶりのブログは何を言いたいのかさっぱりまとめられない。
ツイッターのおかげで楽しいオタライフしてるけど、ツイッターのせいで面倒なことにもなっているって言いたかった。
あと後日にリプで「私もあの場にいました!青い服お似合いでしたよ」は怖いからやめてあげてほしい。